スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件を付けた自分の予想行動を語る人

条件を付けた自分の予想行動を語る人がいる。語る内容の正体は、自分に関するネガティブなことへの言い訳である。
A子の口癖は、「理想とする職業にもし自分が就いたとしたら、残業や徹夜仕事などいくらでも平気でやっちゃうし、誰にも負けないくらい働くよ。そこだけは絶対に自信がある」である。この発言の正体は、A子が今の仕事をいい加減にやっていることへの言い訳である。ただし、A子には言い訳をしているという意識はない。

心にあいた穴

心に大きな穴がポッカリとあいている。穴を埋めようとして、金持ちになった。でも、穴は埋まらない。穴を埋めようとして、高い地位を得た。でも、穴は埋まらない。穴を埋めようとして、有名人になった。でも、穴は埋まらない。穴を埋めようとして、奉仕活動に一生懸命取り組んだ。でも、穴は埋まらない。もう諦めた。やがて気付く。穴を埋めようとしてもがくことこそが、人生そのものだと。

バカと学歴

自分がバカであることを知らないバカは、所属している組織を弱体化する。最悪の場合、組織を破壊する。会社の戦闘力を上げるには、自分がバカであることを知らないバカをなるべく会社から排除すること。会社における自分がバカであることを知らないバカの人数をなるべく減らすこと。入口対策として、自分がバカであることを知らないバカを会社に入れないこと。
無数の人間のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。入学偏差値の低い学校の卒業生のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。同様に、入学偏差値の高い学校の卒業生のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。学歴フィルタは、自分がバカであることを知らないバカを選別するには、役に立たない。会社は、自分がバカであることを知らないバカを選別するフィルタを構築しなければならない。
本当か嘘かは知らないが、松下幸之助は、新入社員の面接試験で、「君はこれまで運がいい方でしたか? それとも運が悪い方でしたか?」とよく質問をしていたと言う。そして、彼はその質問の答えによって、採用・不採用を決めていたと言う。これは、自分がバカであることを知らないバカを選別する松下幸之助流のフィルタかも知れない。

最強の企業

ある会社において、自分がバカであることを知らないバカが一人でも経営陣に居ると、その会社の力は損なわれる。最強の経営陣は、次の布陣である。自分がバカであることを知っているバカが経営陣のトップに就いていて、その周りを自分がリコウであることを知らないリコウが固めている。そして、会社が危機に向かって暴走してしまうのを未然に防ぐ制御役として、自分がリコウであることを知っているリコウが鎮座している。この最強の経営陣は、会社が最強であるための必要条件である。

バカは組織を破壊する

自分がバカであることを知らないバカは、所属している組織を弱体化する。最悪の場合、組織を破壊する。民主党が実質的に崩壊した遠因は、それである。ソニーやパナソニックの経営が傾いた遠因も、それである。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。