スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の借金1000兆円は、公務員人件費の過払い分だ

数兆円におよぶ年金の過払いが話題になっている。しかし、遥かに巨額な国費の過払いがある。
日本における実質的な公務員人件費は、年間60兆円である。そもそも公務員の平均年収は、零細企業を含めた全企業の全社員および全自営業者の平均年収と同じでなければならない。人事院という手前勝手な組織が公務員年収を決めていいはずがない。
実際のところ公務員の平均年収は、零細企業を含めた全企業の全社員および全自営業者の平均年収の3倍である。したがって、正しい公務員人件費は、年間20兆円である。すなわち、年間40兆円も大切な国のお金から公務員人件費に過払いをしている。
過去20年間、この調子だったから、40兆円の20倍、つまり800兆円が国費として公務員人件費に過払いされたことになる。この800兆円は、国の借金1000兆円と額がおおよそ符号する。要するに、国の借金1000兆円は、公務員人件費の過払い分だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。