スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相性の悪い上司

A子の会社は、某会の事務局としての業務をその会から外部委託という形で請け負っている。二ヶ月後にその会の全体ミーティングが開催される予定になっていた。A子の女性上司は、A子に対して、全体ミーティングへの出欠を問い合わせるメール作成し、その会のメンバー全員にそれを送る仕事を命じた。
A子は作成した問い合わせメールの冒頭部分に「貴~会のメンバー各位へ」と書いた。A子が問い合わせメールを発信した後で、そのメールの内容を見た上司が、「~会」の前に付けた「貴」は不適当であり、もっと状況を考えてメールを作成するように、とA子に注意をした。
上司の理解によれば、問い合わせメールはその会の事務局からその会のメンバーに宛てたものであるから、メール冒頭部分における「~会」の前に付けた「貴」は不適当である、ということである。上司は、A子が昨日今日会社に入ってきた人ではないのに、A子が会社とその会の事務局との関係をまったく理解していないことに呆れながら、A子に注意をしたのだった。
いつものように、A子は早速知り合いのB子に愚痴った。「この前も言ったけど、私の女上司、最低なのよね。どう見ても50は完全にいってると思うけど、婆さんなのよね。私のこと嫌いらしくて、私をすごーくいじめんのよね。私が若いんで、嫉妬しているのかしら。細かいこといちいち文句つけてくんのよ。昨日なんか、私がメールで貴~会って書いたら、貴は余計だなんて、怒ってんのよ。よく使うじゃない貴社って。だから貴~会だって正しいはずなのよ。それをイジメ目的だけで文句つけてくんだもんね。たまんないわよ。馬鹿上司を持つと」
上司にいじめられていると感じているあなた。上司から注意をされて、ムッとくるのは、人として普通です。誰でもそうです。でも、頭の中のほんの一部分でいいですから、その部分を使って、注意をされた自分に落ち度がなかったか冷静に考えてみましょう。それができれば、上司との関係が少しよくなるかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。