スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷戦の終結で中世は終わった

ギリシャ問題が起こったことで、ヨーロッパ連合が崩壊に向かっていることが明らかとなった。貧しい国ギリシャと豊かな国ドイツとを一つの巨大国家の中に押し込めることが、今の時代に合わなくなったのだ。
地球における複数の国の間での関係において、武力すなわち軍事力が物を言う中世は、冷戦の終結とともに終わった。
中世の時代には、国同士が連合して軍事的パフォーマンスを強化するのは、それなりに意味があった。また、米国、ソ連、中国のように強大な軍事力を持つ大きな国は、その存在自体にそれなりの意味があった。
近年、いくつもの国が核兵器を持つようになった。ある国が核兵器を持つと、その瞬間にその国の軍事力は実質的に所定の飽和レベルに達する。核兵器を持つどの国も、その軍事力は所定の飽和レベルである。つまり、核兵器を持つ国々の間では、実質的に軍事力の差はない。したがって、核兵器を持つ国がこれだけ増えてしまうと、核兵器を持つことでの他国に対する優位性が失われてしまう。
こうしたことが背景となって、地球における複数の国の間での関係において、軍事力の影響度が時の流れとともに下がっていった。軍事力に変わって台頭してきたのが経済力である。今や、地球における複数の国の間での関係において物を言うのは経済力である。
ヨーロッパ連合の崩壊から読み取れるように、貧しい広大な地域と豊かな広大な地域とを含む大きな国は、経済力が物を言う時代にあってはもはや安定解ではない。
この観点から中国を見てみると、そこには貧しい広大な地域と豊かな広大な地域とが並存していて、中国が安定解ではないことが分かる。おまけに中国には、共産党員と共産党員でない人々との間に、救いようが無いほどの権力や経済力に差がある。これも不安定要因だ。
いくら中国が南シナ海や日本近海で軍事的プレゼンスを誇示して国内の引き締めを図ってみても、安定解でない以上中国はいずれ崩壊する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。