スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルマン・インデックス 2011年10月28日

マヤカレンダーの終わりの日は、2012年12月23日である。この日をもって人類は滅亡する、との解釈も存在する。
スウェ─デンの科学者・カール・ヨハン・コルマン博士が、マヤンカレンダーを研究して、コルマン・インデックスなるものを作った。
コルマン博士によれば、マヤカレンダーは人類を含んだ宇宙的な意識進化の予定表であるとのこと。コルマン・インデックスは、意識誕生からの意識進化を9つの段階に分け、それぞれ第1ウエーブから第9ウエーブと名付けている。意識進化は第9ウエーブで終わり、それから先はない。
第9ウエーブは、2011年3月9日に始まり、2011年10月28日に終わる。つまりコルマン・インデックスによれば、終わりの日は、2012年12月23日ではなく、2011年10月28日なのだ。
コルマン・インデックスにおける第9ウエーブの衝撃は、それが始まった直後の2011年3月11日に日本で起きた出来事に尽きる。
2011年10月28日に何が起こるのだ。2011年10月28日は、すぐそこだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。