スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊の世代とともに日は沈む

団塊の世代とは、1947年から1949年にかけて出生した世代であり、合計800万人強である。
彼らが学校を卒業して社会へと旅立った1960年代後半、日本経済はまさに絶好調。経済成長率は10%を越え、日本経済は彼らを働き手として完全吸収した。当時の失業率が1%台であったことが、このことを物語っている。
彼らは社会で猛烈に働いた。彼らが壮年期であった1974年から1990年にかけて、平均成長率は4%を越えた。この間の彼らの働きは、高度成長の結果大きくなった状態から日本経済をさらに一段と成長させ、日本経済を別次元の巨大かつ強力なものとした。勢い余ってバブル景気まで演出してしまった。
彼らが壮年期から中年期に移る1992年に、バブルが完全崩壊した。
彼らが中年期であった1991年から2010年にかけて、日本経済の構造に質的変化が起こり、彼らの働きは日本経済にとって方向違いのものとなってしまった。したがってこの期間、日本経済はまったく冴えなかった。平均成長率は1%を切ってしまった。この期間、彼らは日本社会において指導的立場となり、日本社会をコントロールしていたが、日本経済の構造に質的変化が起こっていることをまったく理解せず、闇雲に国債を増発するなどトンチンカンな働きをして、日本経済にリンクする日本国財政を破綻寸前にまで追い込んでしまった。この期間、彼らは国債発行残高をなんと470兆円も増やしてしまったのである。国債発行残高を470兆円も増やしたのに平均成長率は1%を切る、このような日本経済は彼らにとってまったく理解不能なものであった。
2011年は、彼らが中年期から老年期に移る最初の年である。2011年以降、日本経済の屋台骨からごっそり団塊世代が抜けてゆく。2011年以降、団塊世代は財を生む人々から財を食う人々へと変わってゆく。自分達が残した巨額な発行済国債に対してなんら責任を取ることなく、団塊世代はぞくぞく年金生活者となってゆく。用意された年金資金は、団塊世代によりあっという間に食い尽くされてしまうだろう。こうして彼らが老年になると、年金制度が崩壊し、そして日本国財政が破綻し、日本経済は地平線の下に沈んでゆくのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。