スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんち遊び

昭和30年代五月のある晴れた日、野球帽をかぶった少年が、茶の生垣に沿ってゆっくりと行ったり来たりしている。かれこれ1時間になる。
突然、少年が片方の手で野球帽を取り、その野球帽を逆向きにして生垣の上面からその中へ少し押し込んだ。そして少年は、他方の手で生垣の小枝を逆様の野球帽の上へと曲げて、その枝を揺すり、その枝から何かを野球帽の中へと落とした。少年は、野球帽を逆様のまま素早く手元に引き寄せ、そして上着のポケットからマッチ箱を取り出した。少年は、マッチ箱を半開きにして、野球帽の中の落ちてきたものの上に半開きのマッチ箱をかぶせた。少年は、ゆっくりとマッチ箱を半開きの状態から閉じていった。マッチ箱が全閉状態になった後、何度か少年は野球帽の中を覗き込んで、落ちてきたものが野球帽の中には無く、したがってそれがマッチ箱の中に収まったことを確認した。
少年は、上着のポケットから小さな透明なガラス板を取り出し、それをマッチ箱に沿わせた。そして少年は、ガラス板の下面に沿ってマッチ箱の中箱を徐々に引き出した。すなわち、引き出された中箱の上面をガラス板が覆っている。ある程度中箱が引き出されると、マッチ箱の中に収められた落ちてきたものが、ガラス板を通してその正体を現す。
蜘蛛だ。体長1センチほどの黒い色をした蜘蛛。「ほんち」と呼ばれている。少年は捕獲したターゲットをガラス板越しにあらためて確認すると、満足した表情を浮かべた。
ガラス板で蓋をしたマッチ箱の中箱に2匹のほんちを閉じ込めると、2匹が壮絶なバトルを始め、それを見ることができる。頭胸部から前方へと突き出た細長い触角状の左右の剣をいっぱいに広げて、近距離で正対しながら両者が睨み合う。等距離を保ちながら、睨み合った姿勢のまま、前後左右に両者が同時に動く。速く、時には遅く。音を立てずに。一方が剣を少し旋回させると、他方もそれに合わせて剣を旋回させる。完璧に同期した両者の動きが、緊張感と殺気を伝える。ほどなくすると、ガサッという音とともに瞬間的に両者がくっついて1つの塊になり、ゴロゴロと塊が転がる。良く見ると両者が咬み合っている。すぐに塊が2つに分かれ、2匹は再び睨み合う。一方が決定的なダメージを受けるまで、2匹はこうした戦いを繰り返す。
少年は1匹のほんちの捕獲に成功したが、2匹目は捕獲できなかった。少年は諦めて家路についた。家に帰る途中、少年は近所のお兄ちゃんに出会った。少年は今日のほんちの成果をお兄ちゃんに話した。するとお兄ちゃんは「ここで待ってろよ」と言って、駆け足でその場から立ち去った。しばらくすると、お兄ちゃんは一升瓶を持って戻ってきた。一升瓶の中には、茶や正木の枝が入れられており、それらにほんちが10匹くらいくっついている。少年は羨ましそうに一升瓶の中を覗き込んでいる。お兄ちゃんの顔は得意気である。
お兄ちゃんは少年に言った。「ほんちの中で一番つえーの知ってるか?」少年はちょっと首を横に振った。お兄ちゃんは言った。「てめーっ、そんなのも知らねーのか、ばらぼんだ。そん次につえーのが、ちゃぼんだ。一番よえーのが、まさぼんだ」。お兄ちゃんは続けた。「ばらぼんは、バラにいるほんち。ちゃぼんは、茶の木にいるほんち。まさぼんは、正木にいるほんちだ」。
少年はその話を聞いて以来、バラを探してあちこちへ出かけた。そして、バラを発見すると、1時間でも2時間でもそこにへばりついて、粘り強くほんちを探し求めた。少年は、ばらぼんの捕獲に全精力を注いだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。