スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女はトイレットペーパーとティッシュペーパーが命

女にとって、トイレットペーパーとティッシュペーパーは命と同じくらい大切。とにかく、女はトイレットペーパーとティッシュペーパーが大好きであり、またそれら無しには生きて行けない。トイレットペーパーとティッシュペーパーを取り上げられたら、女はパニックに陥り、半狂乱になる。
1970年台に起こったオイルショック。石油が入手困難になるというサインに、女の脳は敏感に反応した。そのサインは、女の脳内で、命と同じくらい大切なトイレットペーパーがなくなる、という信号にただちに変換された。女達は、一斉に行動を起こした。女達は、トイレットペーパーを売っているありとあらゆる店に押しかけ、命と同じくらい大切なトイレットペーパーを一つ残らず買いあさった。市場からトイレットペーパーがあっという間に消えてしまった。トイレットペーパーを手に入れることができなかったのろまな女達は、ヒステリーを起こし、発狂していった。何のことは無い。オイルショックとは、女達によって引き起こされた市場からトイレットペーパーが消える現象と、トイレットペーパーを手に入れることができなかったのろまな女達が起こした集団ヒステリーに過ぎなかったのだ。
3.11の大震災の時にも、オイルショックの時と同様の現象が起きた。あっという間に市場からトイレットペーパーとティッシュペーパーが消え去ったのだ。これで明らかになった。危機が起こると、女達の脳はその危機に瞬時に反応して、命と同じくらい大切なトイレットペーパーとティッシュペーパーを買いあさるという衝動に女達を駆り立てるのだ。この結果、瞬間的に市場からトイレットペーパーとティッシュペーパーが消えてなくなる。そして、これらを手に入れることができないのろまな女達が騒ぎ立て、さらに危機を煽るのだ。こうなると危機は完全に制御不能になる。
上記の事実を教訓にして、今後の国の危機対策においては、その一環として、トイレットペーパーとティッシュペーパーを備蓄しておくことだ。危機が起こったら、備蓄しているトイレットペーパーとティッシュペーパーをただちに市場に放出することだ。そうすれば、危機をある程度クールダウンさせることができる。
話は変わるが、意識の薄れた女は、延々とティッシュペーパーをいじることがある。トイレットペーパーとティッシュペーパーが命と同じくらい大切であることが女の脳に刻まれていて、それが表れたということか。
会社での人間関係や仕事から受けるストレスで不眠気味になっているOLのあなたは、枕元にトイレットペーパーとティッシュペーパーを置くとよい。それらが、あなたの心を穏やかにしてくれ、あなたを安らかな眠りへと導いてくれる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。