スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は辛いことや悪いことの連続

人が生きていると、辛いことや悪いことが次々と起こる。楽しいことや良いことはほとんど起きない。割合としては、10のうち9が辛いことや悪いことで、1が楽しいことや良いこと。いやもっと厳しくて、100のうち99が辛いことや悪いことで、わずか1が楽しいことや良いこと。そんな程度。
こんな状況の中でも、人は何とか生きて行く。ある意味、人はたくましい。さてさてそうは言っても、人には辛さが溜りに溜まって、八方塞の感覚に襲われ、どうしようもなくなる時がある。
朝鮮戦争で北側の捕虜になった米兵がいた。彼は、長い間、監獄に閉じ込められた。彼は収監されて間もなく、将棋のようなゲームを考え出した。そして、監獄の壁にゲームの盤を描いた。彼は壁に向かって、ゲームの対戦相手を交互に演じ、一人二役でゲームを行った。彼は、来る日も来る日も壁に向かってゲームに没頭し、ゲームにおける腕を上げていった。彼は、獄中生活の目標を、ゲームにおける腕を上げることに設定した。そして彼は、来る日も来る日も壁に向かってゲームに没頭し、ゲームにおける腕を上げることに集中した。
長い間の獄中生活を経て、彼は解放され、米国に戻った。米国に戻った彼は、監獄生活について、辛いことが沢山あったが、楽しいこともあった、と述べた。楽しいこととは、ゲームのことであった。
辛さが溜りに溜まって、八方塞の感覚に襲われ、どうしようもなくなっているあなたは、上記例のゲームに相当するものを見つけ、あなたの人生の一部分で密かにそれに嵌るのがよいかもしれない。ゲームに相当するものとは、セックス、異性交遊、あるいは趣味かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。