スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカと学歴

自分がバカであることを知らないバカは、所属している組織を弱体化する。最悪の場合、組織を破壊する。会社の戦闘力を上げるには、自分がバカであることを知らないバカをなるべく会社から排除すること。会社における自分がバカであることを知らないバカの人数をなるべく減らすこと。入口対策として、自分がバカであることを知らないバカを会社に入れないこと。
無数の人間のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。入学偏差値の低い学校の卒業生のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。同様に、入学偏差値の高い学校の卒業生のうち9割は、自分がバカであることを知らないバカ。学歴フィルタは、自分がバカであることを知らないバカを選別するには、役に立たない。会社は、自分がバカであることを知らないバカを選別するフィルタを構築しなければならない。
本当か嘘かは知らないが、松下幸之助は、新入社員の面接試験で、「君はこれまで運がいい方でしたか? それとも運が悪い方でしたか?」とよく質問をしていたと言う。そして、彼はその質問の答えによって、採用・不採用を決めていたと言う。これは、自分がバカであることを知らないバカを選別する松下幸之助流のフィルタかも知れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。