スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開放系の公務員組織

日本における三権、すなわち立法権、行政権、および司法権を実質的に支配する公務員組織は、開放系(オープン・ループ系)になっている。つまり、外部環境への自己の出力に対する外部環境の応答を自己への入力に帰還する経路を持たない、単純な系になっている。この開放系(公務員組織)は、過去も現在も、自己を大きくし、豊かにするというコマンドにのみ従って動いている。
このような開放系は、外部環境への自己の出力に対する外部環境の応答を自己への入力に帰還しないので、外部環境の変化に応じて自己の内部構造を変えることができず、したがって外部環境の変化に自己を適応させることができない。
ある系が外部環境への自己の出力に対する外部環境の応答を自己への入力に帰還する経路を持つか持たないかは、その系が単純なものか高度なものか、いずれであるのかを決定付ける。外部環境への自己の出力に対する外部環境の応答を自己への入力に帰還する経路を持つ系はクローズド・ループ・システムであり、帰還経路の存在により学習能力や、外部環境の変化への適応能力といった高度な能力を有する。
外部環境が高度成長をしている時代には、自己を大きくし、豊かにするというコマンドにのみ従って動く開放系(公務員組織)でも、さしたる問題は起きない。しかし、外部環境の成長が飽和している時代や、外部環境がマイナス成長をしている時代には、この開放系(公務員組織)は、時間の経過とともに体が大きくなっていくので、外部環境を包む限界壁にその体が激しく衝突することになる。この衝突により外部環境が壊れてしまう可能性もある。現在の日本はまさにこれに近い状態にある、と言える。
政治家が成すべき仕事は、公務員組織から立法権を取り返し、そして新しい法律を作り、その法律に従って公務員組織に帰還経路を設け、それにより公務員組織をオープン・ループ・システムからクローズド・ループ・システムへと変換することである。こうすれば、公務員組織は外部環境に調和するように自立的に内部構造を変化させてゆく。例えば、政治家が成すべき仕事は、赤字国債発行残高が前年度よりも増えた場合には、本年度の公務員人件費の総額を前年度より1割減らす、という法律を作ることである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。