スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単な葬儀と嫌味

A子はもうすぐ60歳。5年にわたる夫に対する壮絶な在宅介護を経て、夫は入院した。しかし夫はとうとう力尽きて、入院先の病院で無くなった。A子と、A子と夫の子供達が夫を看取った。
在宅介護中に、死期が近づいたことを悟った夫とA子は葬儀について何度か話し合った。いつも夫は、家族だけで見送ってくれれば十分であり、親戚等には事後報告でよい、と言った。
A子は、実際の葬儀に親戚を呼ばないわけにはいかない、と判断した。A子の経済状態からすると、通夜や告別式を含む普通の葬式を行う余裕はなかった。普通の葬式の場合、費用はかるく100万円を越えてしまう。A子は、火葬の前に参列者が故人とのお別れのみをする直葬式、すなわち火葬式と呼ばれる簡単なものを選んだ。それでも費用は20万円を越える。後で行う納骨にも20万円近い金がかかる。合わせて40万円がA子が出せる限界の金額だった。
簡単な直葬式で済ますのだからと、A子は香典を一切受け取らない方針を立てた。香典を受け取るとそのお返しが大変といことも、この方針を立てた理由でもあった。
A子は、業者に香典無しの直葬式で予定を組んでもらった。電話で夫の親戚達に式の日取りやその内容を連絡すると、どの親戚からも式の内容にクレームがついた。通夜や告別式の無い式は認められないというクレームであり、香典を受け取らないのは人を馬鹿にしているというクレームであった。A子の金銭的限界が、A子をかたくなにしていた。電話口でA子は、生前夫がそういう簡単な式を強く希望していましたので、そのようにさせていただきます、と譲らなかった。A子は、強引に押し切った。
直葬式の当日、始めから夫の親戚達がいやな雰囲気をかもし出していた。式の最中A子は夫の親戚達からチクチクと嫌味を言われた。いずれ時間がくれば式は終わる、ということをA子は自分に何度も言い聞かせながら、A子は辛抱強く耐えた。なんとかA子は式を乗り切った。
さてさて、夫の親戚達の考えは、世間で言う常識に照らせば、もっともなものである。一方、葬儀について生前の夫の希望やA子の経済状態を考えれば、A子が行った直葬式は責められるようなものではない。どちらが正しいかという問題ではなく、どちらも正しいのである。正しいことのぶつかり合いは、世の中では沢山起こる。そんな世の中を少しでも丸くするには、次のような知恵が役に立つ。
事象が犯罪に絡むものでない限り、自分の考えを他人に押し付けないこと。どんなにすばらしいと自分が思う考えであっても、決して他人に押し付けてはいけない。他人には他人の考えがあり、他人の行為にはそれなりの背景があるのである。上の例で言えば、A子が執り行う直葬式に夫の親戚達は一切文句を言ってはいけない。夫の親戚達はその直葬式で精一杯故人に哀悼の意を表せばよいのである。
しかしこのあたりのことを含めて人間や人生を理解している人の数は少ない。世の中、正しいことのぶつかり合いで、今日も波立っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。