スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予知夢

A男は、今40歳。学生時代に特別な女性と出会った。何回かデートをしたが、彼女とはプラトニックな関係だった。
なぜA男が彼女を特別な女性と思ったかというと、あるデートの後、家に帰る途中に、自分が死ぬ時に自分の人生を走馬灯のように振り返ることになるのだが、その走馬灯のもっとも輝かしい部分を間違いなく彼女が飾る、ということがA男の頭に神からのお告げのように浮かんだからだ。
A男が学校を出て就職すると、彼女との関係は自然に消滅してしまった。しかし、それからも今日に至るまで、A男が彼女のことを思わない日はなかった。たまたま用事があって日比谷線に乗った時にデートの思い出である六本木駅に電車が近づくと、そのデートのことがA男の頭にフラッシュバックし、そして電車が減速してホームに入ると、反射的にA男の目がホームを覗き込み、彼女の姿を探すのだった。電車がホームに停車している間、ずっとA男は彼女の姿を追い求めるのだった。もう20年近くも前のことなのに。電車が動き出し、六本木駅のホームが見えなくなると、A男は自分の体に冷たい汗を感じるのだった。
A男は就職してからしばらくすると、別な女性と結婚した。彼女のことを好きという感覚はあまりなかったが、彼女となら何とか一緒にやってゆけるだろう、という思が結婚を決意させた。しかし、5年で彼女とは離婚した。
離婚したあたりから、A男は数ヶ月おきぐらいに同じ夢を繰り返し見るようになった。その夢の中では、側面が台形の丘があり、その側面の左端に丘の上と下を結ぶ階段がある。丘の上には例の特別な女性の家がある設定になっていて、A男は階段を上って彼女に会いに行く。しかしどうしても彼女に会うことができず、あきらめてA男は階段を下りる。ところが、階段を下りる自分の気持ちは、ひどく落胆しているはずなのに、それほどでもなく、半分どこか嬉しいような感覚もある不思議なものなのだ。これが繰り返し見る夢の内容である。
離婚してから8年後、A男はさらに別な女性と付き合い始めた。時々、A男はその女性の家に遊びに行く。その女性の家は、側面が台形の丘の上にある。そして、丘の側面の左端に丘の上と下を結ぶ階段がある。A男はその階段を上り彼女の家に行き、彼女の家からの帰りにその階段を下りる。
今A男は、繰り返し見る夢の意味をはっきりと理解している。
スポンサーサイト

予知

A男は、突然小学校の高学年の頃から、千鶴子という名を聞くと、体の中をちょっとした電気が走るようなギョッとする感覚に襲われるようになった。それ以前に、千鶴子という名の人と何かあったという記憶は無い。
中学生の時、同級生の中に千鶴子という名を持つ人がいた時には、その人のことが気になって気になって仕方が無かった。好きとか嫌いとかという感情が起こる前に体が勝手に反応するような感じで、とにかく気になって仕方が無かった。気が付くと、目が勝手にその人を追いかけていた。
読んでいる本や雑誌の中に千鶴子という名があると、その千鶴子という部分だけ活字が飛び出てくるような感じがし、同時に腸が動くような不自然なものを体の中に感じた。
A男が30歳になった時に過去を振り返ると、これまでに4人の千鶴子と出会っていた。付き合ったわけではないが。中学校の同級生に1人、高校の同級生に1人、学生時代のバイト先にいた1人、社会人になってから出会った1人。どの千鶴子も、頭の中で軽くその名を呟いた瞬間に、まさに生きている彼女の静止画や動画がA男の脳を埋め尽くした。
今A男は50歳。不倫をしている。相手の名は、千鶴子。1年前に出会った。A男は、その千鶴子に切っても切れぬ異様な縁を感じている。好きという気持ちはないが、体が勝手に彼女を好いている。A男は、その千鶴子と比べたら妻との縁は薄いと感じている。A男は、死ぬまでの間に妻との関係は消えることがあるかもしれないが、その千鶴子との関係は間違いなく一生続き、自分の死を見取るのはその千鶴子である、そんな気がしている。
今A男は、はっきりと理解した。小学校の高学年の頃から、千鶴子という名に対して自分が特別な反応をしていた理由が。

コルマン・インデックス 2011年10月28日

マヤカレンダーの終わりの日は、2012年12月23日である。この日をもって人類は滅亡する、との解釈も存在する。
スウェ─デンの科学者・カール・ヨハン・コルマン博士が、マヤンカレンダーを研究して、コルマン・インデックスなるものを作った。
コルマン博士によれば、マヤカレンダーは人類を含んだ宇宙的な意識進化の予定表であるとのこと。コルマン・インデックスは、意識誕生からの意識進化を9つの段階に分け、それぞれ第1ウエーブから第9ウエーブと名付けている。意識進化は第9ウエーブで終わり、それから先はない。
第9ウエーブは、2011年3月9日に始まり、2011年10月28日に終わる。つまりコルマン・インデックスによれば、終わりの日は、2012年12月23日ではなく、2011年10月28日なのだ。
コルマン・インデックスにおける第9ウエーブの衝撃は、それが始まった直後の2011年3月11日に日本で起きた出来事に尽きる。
2011年10月28日に何が起こるのだ。2011年10月28日は、すぐそこだ。

シンクロニシティ(共時性)

A男は、学校を卒業して以来約10年ぶりで、学生時代の友人、山口勝也(やまぐちかつや)さんと渋谷で会うことになった。A男が待ち合わせ場所に着いてから5分ぐらい経つと、山口さんがやってきた。さすがに若干年を取った感じではあったが、山口さんは学生時代とそんなに変わっていない印象だった。ヤーッ、オーッと声を掛け合うと、A男の頭は一瞬にして学生時代にタイムスリップしてしまった。
A男は、山口さんを行付けの飲み屋につれていった。学生の時以来、そこでA男は、山口さんと酒を飲んだ。話は盛り上がった。特に学生時代の女の子達、B子やC子やD子の話は、まさに10年という時間を越えて、大いに盛り上がった。普段、仕事でストレスを過剰なほど受けているA男にとって、そんなことすべてを忘れるくらい本当に楽しい時間だった。楽しさに乗せられて、A男はいつも以上に飲んだ。
お開きとなって飲み屋を出た後、ハチ公前でA男は山口さんと別れた。A男は田園都市線、山口さんは井の頭線。A男は駅のホームにつながる階段を少し千鳥足で下りていった。A男は、今日は少し酔ったな、と思った。ホームに着くと、しばらくして電車がやってきた。いつもながら、夜遅い時間帯の渋谷駅ホームは、大変な混雑だ。
A男は、後ろの人に押されるようにして、電車に乗り込んだ。いつものことながら、電車はドアを開けたまま渋谷駅ホームに少なくとも1分は停車する。電車に乗り込んだA男の耳に、車内放送が飛び込んできた。「毎度田園都市線をご利用いただきましてありがとうございます。運転手は、やまぐち、車掌は、かつや、でございます。」
嘘だろーっ、A男は思わず大声を出しそうになった。A男は、周りの乗客に向かって、やまぐちかつや、冗談じゃねーぜ、それはついさっきまで俺と一緒に酒を飲んでいたやつの名前だぜ、と叫ぼうとしていた。

千里眼

ヨーロッパにおいて、電話も無線通信機も無い時代に、思想家スウェーデンボルグは自分がいる場所から約480キロメートル離れた位置で起きた大火災をリアルタイムで透視した。この透視の内容に関しては、スウェーデンボルグと同席していた人の証言等により、その正しさが証明されている。哲学者カントも、この透視内容の正しさを追認している。
日本では明治時代に御船千鶴子が、三井合名会社の依頼で透視を行い、万田炭鉱を発見した。そして、その謝礼として大金をもらった。明らかに、この透視の内容は正しかったのである。
人間が自分の目を通してのみ周囲の状況を見ることができるのであれば、上記2つの透視は説明できない。
人間が肉体とその肉体に宿る魂の共同体であり、魂の少なくとも一部が肉体から離れることができ、しかも肉体から離れた部分の魂を通して物や景色を見ることができるのであれば、上記2つの透視を説明することができる。
上記2つの透視の内容が正しかったのは単なる偶然の結果に過ぎないと片付けてしまえば、人間は自分の目を通してのみ周囲の状況を見ることができるとする常識的概念を変更する必要は無く、また魂の存在も否定することができる。現代科学は、この方向にある。
しかし、上記2つの透視の内容が正しかったのは単なる偶然の結果ではなく、離れた2つの場所の間で視覚的情報が伝達された結果である場合、肉体と魂とが人間を構成していることを認めざるを得ない。
こうして論理的に整理してみると、どうやら人間には魂があるようだ。ただし普通の人間では、魂は肉体に密着していて、めったに肉体から離れることはないようだ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。